american book&cinema

  • ホーム
  • ab&cとは?
  • 出版物のご紹介
  • 最新情報
  • お問い合わせ
copyright (c) american book and cinema. all rights reserved.

出版物のご紹介

MBAの誓い

ハーバード・ビジネス・スクールから始まる若きビジネス・リーダーたちの誓い

マックス・アンダーソン
ピーター・エッシャー 著
青木 創 訳
岩瀬大輔 監訳
(原著:The MBA Oath: Setting a Higher Standard for Business Leaders)

定価:¥2,000円+税
ISBN:978-4903825083
発売日:2011.11.8
発行:アメリカン・ブック&シネマ
発売:英治出版

amazon.co.jpで買う

社会的責任、倫理的指針、公正であること、多数の卒業生が署名した「MBAの誓い」。新たなビジネス・リーダーに期待する1冊。(ハーバード・ビジネス・スクール1985年卒業、丸の内起業塾塾長・国際教養大学客員教授・タリーズコーヒージャパン(株)特別顧問 須賀 等)

原著書評

フィナンシャル・タイムズ
MBAを持つひとにぎりの“フィナンシャル・エリート”によって多くの人々は、金融大災害を被った。MBA取得者の分析は、見苦しく、時に弁護士のようであり、その姿勢は人々から蔑まれつつあった。しかし、何千ものMBAの学生たちは、自らを見つめ直しMBAの在り方を考えた。そして自らを律する為の誓い『MBAの誓い』により導く。それらは、ビジネススクールの教職員によって管理され、進化し続ける。

ハーバード・ビジネス・レビュー
ハーバードMBAを卒業したばかりのふたりに投げかけられた社会からの宣戦布告… それは、将来にわたって組織と個人が競争力を保ち続けたければ、今までのビジネス・リーダーの行いを真摯に受け止めなければならない。ビジネス・リーダーが自らの行動への誓いを避けることは簡単だ。しかし、著者は、『MBAの誓い』を立て、それらに実用的で説得力のある論議を投げかける。そして、彼らは行動経済学からあらゆるビジネスの証拠と、心理学と歴史を整理している。

著者 マックス・アンダーソン、ピーター・エッシャーについて
近年ハーバード・ビジネス・スクールを卒業し、2009年5月にMBAの学生チームと協力して「MBAの誓い」を創設した。ビジネス倫理の正式な規範を打ち立てるというその使命は世界の注目を集めた。マックス・アンダーソンは現在、「MBAの誓い」の組織で会長を努め、ニューヨーク市で妻と娘とともに暮らしている。ピーター・エッシャーは理事の一人であり、創設者として事務局長の任に就いている。「MBAの誓い」公式サイト:www.MBAOath.org

訳者 青木 創について
1973年生まれ。東京大学教養学部卒業。英米文学翻訳家。訳書に『繁栄した王国の物語』(シェルダン・ボウルズ他著、光文社)、『子どもはなぜモンスターになるのか』(スー・パーマー著、小学館)、『嘘発見器よ永遠なれ』(ケン・オールダー著、早川書房)、『レッドスカイ』(ジョセフ・リー著、幻冬舎)、『封印入札』(同)などがある。

監訳者 岩瀬大輔について
1976年生まれ。幼少期をイギリスで過ごす。1998年、東京大学法学部を卒業。ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパンを経て、ハーバード経営大学院に留学。同校を上位5%の成績で卒業(ベイカー・スカラー)。2006年、ライフネット生命保険の設立に参画。2009年2月より同社代表取締役副社長。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」選出。日経ビジネス「チェンジメーカー・オブザイヤー2010」受賞。主な著書に『ハーバードMBA留学記 〜資本主義の士官学校にて〜』2006年(日経BP社)、『生命保険のカラクリ』2009年(文春新書)、『ネットで生保を売ろう!』2011年(文藝春秋)、『入社1年目の教科書』2011年(ダイヤモンド社)など。論文に『規制緩和後の生命保険業界における競争促進と情報開示』2011年(保険学雑誌 第612号)。